【PR】

ちょっと裏の山まで・・・らくらく登山道センターハウス

しばらく歩いていないと、どうも調子が出ない。
お盆を挟んで行事が続いたのもあるが、紀州街道を岸和田まで行ったところからの休憩が長すぎた。

今日は午前中にコストコに行ってきたので、昼からの中途半端な時間。

散歩がてらに、また、歩きの再開に向けての準備運動もかねて、自宅近辺を歩いてきた。
自宅のあるのは東高野街道を少しばかり山側に入ったところ。
標高17mほどなので、ほんとに山の麓。
少し歩けば、こんな感じ。

家を出て山に向かうと、10分ばかりで二本松古墳に到着する。

6世紀後半から7世紀はじめにかけての古墳代後期の中小豪族のお墓だという。
近くにこんな歴史があるのが楽しくなってくる。

この辺りハイキングコースにもなっている。

標識の通り、センターハウスに向かうと、こんもりとした森が見えてくる。

旧春日神社本殿。

四条村の氏神だった春日神社。もともとは、ここより離れた旧村の東端にあって、明治五年に明治政府による神社の統合整理により枚岡神社に合祀された際、社殿・石鳥居・石燈籠・狛犬がこの地に遷されたと云う。
東大阪市の有形文化財。

家を出てから20分。
すでに2つも歴史に触れたことになる。
そんなこんなで退屈することもなく目的地に到着。
らくらく登山道センターハウス。

上りだけに汗が吹き出て止まらない。
ハウスに入って、しばし休憩 ♫

誰も居ないので、貸切状態。
おーっ、涼しい!

ここから「らくらく登山道」が始まるが、今日はここまで。
何度か歩いているが、参考までに以前の投稿。
ウォーキング らくらく登山道


この辺りで標高160mというから、140mほど登ってきたことになる。
大阪市内の高層ビル群を望む。
左寄りに見えているのが、あべのハルカス。
霞んでいるね。

これで準備運動は完了かな。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2023.5.10

長尾街道(近鉄河内松原駅〜近鉄河内国分駅)

前回は、堺市から松原市(河内松原駅)まで歩いた。今日は、その続き。 駅を降りて商店街を北へ向かうと、中高野街道と長尾街道の交点に至る…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る