てくてくマップー生駒縦走コース②

息も絶え絶えで、ようやく宝山寺からの急坂を登りきった。

生駒山の頂上には、生駒山上遊園地がある。
夏休みも終わろうとしている8月の平日にもかかわらず、家族連れが多い。

で、ここは入園料が要らない。
乗り物に乗るときだけチケットを買うシステムで、乗り放題のチケットもある。

・・・んなことは、どうでも良いか。
ちょうどお昼時、急坂を登ってきて体力の消耗も相当なもの。
当然、昼休憩  ♬
出来るだけ端っこの方でおにぎりをほうばる。

少し休憩すると体力が戻ってきたような気がするが、これは気のせいだろうな。
そこで、作戦会議。
考えてみれば、朝家を出る時に駅まで自転車で向かった。(何も考えずに・・・)
ということは、駅に戻る必要がある。
(そもそも生駒縦走道を高安駅まで行くつもりなら、自転車に乗ってはいけなかった。)
しかしそうすると答えは決まってくるが、この先の鳴川峠から山を降りて、駅に向かうしかない。
答えは、一択でした。

気を取り直して生駒縦走道に戻ることに。
遊園地の南の端の鉄塔群を抜けて、ハイキングコースを探す。

ここは迷うことがない。

この道は以前にも通っている。
雰囲気は良いぞー。

信貴生駒スカイライン(生駒山から信貴山までの有料道路)の下をくぐる。

縦走道というからには、生駒から尾根伝いを歩くと思っていた。
なのに、かなり下って行ったので不安になったが、道はあっていたようだ。
ハイキングコースが整備されているので、標識は多い。

生駒縦走歩道にでた。
舗装された道を歩く。

府民の森、ぬかた園地を抜けたところ。

ここから少し山側に歩いて、再び舗装された縦走道に戻る。

それにしても、ほとんど人には出会わない。
遊園地は賑やかだったが、ハイキングを楽しむ人は少ない様子。
平日だしね。

開けたところに出たが、見覚えがある。
そうそう暗峠に向かう道、国道308号線だ。
下の画像では、右下から登ってきて左側に登っていけば暗峠に至る。
暗越奈良街道(枚岡〜南生駒駅)①

今回は右の道をぐるっと時計回りに回り込むと、なるかわ園地の入り口に出る。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2023.3.20

祝・歴史街道を楽しもうキャンペーン入賞!

街道歩きをしながらインスタにアップした写真が入賞しました。 これは、中高野街道で平野界隈を歩いたときのもの。 中高野街道・・・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る