中国街道(JR加島駅〜阪神尼崎駅)③

大物公園に置かれている汽車。
通称、デゴイチ。
鉄道オタクでなくても、年配の人なら皆知ってる機関車。

大物公園の東側に、残念さんのお墓があると案内板に書いてあった。
とりあえず行って見なくちゃということで訪れたが、「墓地関係者以外の方は立ち入らないでください」との表示。
どういうこと???
それなら載せるなよ!
街道ウォーカーの心得、ルールは守る!
なので、立ち入らなかった。

阪神大物駅を右手に見て、更に南へ。

ところで、大物駅。
だいもつえきと読む。
大物の由来は、尼崎市のHPに載せてある。

「尼崎城下町の一つで、平安時代にはすでに船舶の発着地として発達していました。大物の地名由来には諸説ありますが、平安時代に港町として栄え、西日本各地からの材木の集散地として知られるようになり、取引された巨材を意味する「大物」から、この地を大物と呼ぶようになったとの説が有力です。」

駅を越えたら、右側に大物主神社がある。
こちらは、「おおものぬしじんじゃ」と読むからややこしい!

本殿。

本殿脇には、義経公と弁慶が滞留したという意味の石碑。
源頼朝から追討された義経が大物浦より船出する際、東側にあった七軒長屋に一時滞在しているそうです。

更に南下して、大物橋跡の石碑。
かつて大物浦と呼ばれた入り江の名残で橋があったようだ。

橋をすぎると、目の前に迫るのは国道43号線。
阪神間の大動脈。

ここからは、この国道43号線に沿って西へ向かう。
街道歩きには、味気のない道が続く。

と思ったら、尼崎市立成良中学校琴城分校とある中に、尼崎城を模した模型があった。

敷地の片隅には尼崎城跡との石碑。

この辺りに尼崎城があったようで、琴浦城とも呼ばれていたとか。

意外なところに史跡はあるものだ。

庄下川に出たところで、本日は終了。
川沿いに北へ向かえば、尼崎駅に出るはず。

実はこの後、思わぬ収穫が!
焦らすわけではないけれど、次回にもう一度。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2024.1.17

竜田越奈良街道(近鉄信貴山下駅〜近鉄郡山駅)①

年初に開運松原六社参りを済ませたが、街道歩きは今日が今年初めてとなる。出かけるかどうか迷っていたが、天気が良さそうなのでじっとしてられない…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る