俊徳街道・十三街道(楽音寺〜平群)十三峠を越えるぞ〜③

「左 いちはら村 右 たつた 道」 と読める。
いちはらは、こんな字を書く→「櫟原」
十三峠を超えた奈良県側の十三峠より北側にある地名で、平群町の一部のようです。

それにしても舗装してあるので歩きやすい。

誰が残したのか、どんぐりが倒木の窪みに。
家族連れのハイキング?
子供が残したものかな?

舗装が途切れて、山道らしくなってきた。

例によって、何かあったときの通報ポイント。
ここは、まだ八尾市。

神立園地というのがあるらしい。
が、ちょっと寄り道する余裕もなくなってきた。
前に登った暗越奈良街道に比べて比較的緩やかには感じるが、それでも山道の登りはきつい。

おまけに嫌な看板が立ててある。

が、それほど危険な感じもなく、水呑地蔵院に行きついた。

水呑地蔵。
十三峠を越える旅人のために、弘法大師が祈願して得た霊水と言われる清水がある。
生水としては飲むなと書かれているが、お供水として持ち帰る人も多いそうだ。

水呑地蔵の謂れ。

飲みはしなかったが、手を洗ってから周囲を散策してみた。

このあたりでも景色は最高!
今日は空気も澄んでいるのか、梅田の中心地とその向こうに明石海峡大橋、淡路島まで見えている。

さて、気を取り直して再開!
ハイキング道になっているからか、道は歩きやすい。

今度は、みずのみ園地があるようだ。

もちろん、今回はパス。
この階段を登れと言われても、ちょっとねえ。
平群まで行かねばならないからねえ。

寄り道しなかったおかげ(?)で、なんとか峠に行き着いた。
十三峠自体は、これより少し南に行ったところのようだが、街道としてはここが頂点らしい。
この上は、信貴生駒スカイラインが走っている。
このトンネルを超えれば奈良県、あとは下るばかりか。

次回で、最終回。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2024.4.29

太子道(筋違い道)(法隆寺〜近鉄黒田駅)①

かつて聖徳太子が斑鳩から明日香へ通ったという伝説が残る太子道(筋違い道)。久しぶりに奈良を歩いてみる。このところ平年より気温が高い日が多く…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る