【PR】

河内街道(JR住道駅〜京阪寝屋川市駅)②

今歩いているのは、大東市。
国道162号線、大東四条畷線とも言うらしい。
〜らしいというのは、地元じゃないので馴染みがなくて・・・。

一つ発見したのは、今歩いている東側にJR学研都市線の四条畷駅があるんだが、所在地(住所)は大東市になっている!?

それはさておき、四條畷市に入って暫く歩くと小楠公御墓所(伝楠木正行公墓)がある。
楠木正成は、明治時代に忠孝の君主として「大楠公」(だいなんこう)として神格化され、その嫡男正行も小楠公として崇められた。

墓所の入り口には、右手に「忠」、左手に「孝」を刻んだ石柱。

御墓所。

入り口には、クスノキの巨木(樹齢600年、大阪府指定天然記念物)。
小さな敷地だが、歴史が詰まっている。

最近、御神燈にも目がいってしまう。
明治10年と刻まれている。

ふと入口を見ると、橋の欄干が両側に。
かつては小川が流れていたのだろう。

清滝街道との交差点を抜けて、少し入り込んだところに解説版があった。
(実は清滝街道を横切ったのもこの解説で知った。)

河内街道を”新”と”旧”とに分けて解説してあり、現在は旧河内街道にいる。
少し嬉しい・・・。

妙法寺。

脇には古ぼけた道標が。
しっかり、河内街道と彫ってある。
ちなみに「左河内街道」は、今通ってきた道になる。

妙法寺の前を北に向かって街道は伸びている。

この三叉路を右に行く。
左下に道標が見えている。

道標のおかげで迷うことなく進んでいる。
読みづらいが、確かに河内街道。

道標にしたがって歩いているのだから間違いはなかろうが、この道を見ると何となく不安にはなる。
舗装が途切れて、雑草の生える小道になってきた。

田畑を縫うように続いているが、完全にあぜ道だわ。

どうよ、この道!
昔のまんま!?

とにかく、このまま歩くしかないか・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2023.6.8

古堤街道を歩く(JR京橋駅〜JR住道駅)①

これまでに大阪から奈良へは、暗越奈良街道、竹内街道、てくてくまっぷ 「恩智越・信貴山朝護孫子寺コース」、てくてくまっぷ 「河内から大和へ …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る