河内街道(JR住道駅〜京阪寝屋川市駅)③

街道Walkerのブログで下調べしていたので、こんな道があるとはわかっていたけど。
それにしても、あぜ道・・。

途切れているっぽいが、ちゃんと続いている。

むしろ正面の倉庫が邪魔をしているんだろう。

とにかく進むと、行き止まり???

無理やり草むらをかき分けて、突撃!!
なんとか倉庫の手前の道路までは行き着いた。
振り返ってみると、こんなところを歩いたんですね〜。

ここからは倉庫と第2京阪道路の高架を迂回して、街道の続きを探す。

あった、あった。
ここから再開。

工場の裏を通り抜けて、舗装路に出た。
今回はいろんな所が歩けて、また変化に飛んでいて楽しい。

高宮という地名のところを抜ける。
雰囲気のある道。

抜けたところに道標が建っていた。
条里制というのは、区画制度の一つらしい。

突き当りは、池にぶつかった。
五藤池(ごとがいけ)。
もともとこの地域最大の用水池(ため池)で、総面積は約5町歩(約49500平方メートル)あったので、「五町池」と称されたのが、なまって五藤池となったと伝えられている。

以下の周囲を沿うように街道が続いている。

時間の都合で、今回は少々強引にここで終了とした。
なので最寄り駅までは少し歩いて、京阪寝屋川市駅。
次回が、最終回になるぞ〜。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2022.12.18

街道ウォーカーが、大阪アンダーグラウンド展(大阪市立自然史博物館)を見に行ったそうです

街道の成り立ちには歴史が関係している。縄文海進で大阪平野が内海であった時代には、人は上町台地周辺に住み、南北に行き来していた。当時は、クジ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る