【PR】

東高野街道(石清水八幡宮~京阪交野線郡津駅)②

 12月10日(金) 晴れ

飛行神社に寄り道してたので、先に進めていない。

体をほぐして、さて行きますか。

さっそく見つけた石標には、「山ノ井戸」とある。

八幡五水の1つ。

石標が整備されているので、道は分かりやすい。

こちらは古そうな石碑。日門上人とは、仙台の大仙寺(現在の孝勝寺)を創建した日蓮の直弟子の一乗阿闍梨のことだろうか。

整備された東高野街道の石標は、これでもかと出てくる。

左右の古い石標のほうが気になる。

かつては街道であったろうと思わせる道筋。古代に思いをはせながら、歩を進める。歩き続けると汗ばんでくる。

巡見使が通る道筋を巡見道と称していた例が各地にあるようだ。これは巡検道とあるが、同じ意味と思われる。
江戸時代の参勤交代の対になるもので、幕府側でチェックする役目が巡見使。右、宇治への近道と記されている。

正法寺。徳川家康公の側室、尾張藩初代藩主・徳川義直公の実母である「お亀の方(相応院)」の菩提寺。

古い石標が点在していて、見つけるたびにワクワクしてくる。
左、在所道。田舎道くらいの意味だろうか。

左に行けば、京街道に至る。

民家のフェンスに取り込まれているのもあった。樟葉道とあるが、調べても意味が分からない・・・。

松花堂。江戸時代初期の僧侶(石清水八幡宮の社僧)で文化人であった松花堂昭乗がその晩年の寛永14年(1637年)に構えた草庵の名称である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)現在、美術館や庭園になっている。

左、奈良街道とある。

松花堂を過ぎたあたりから、街道らしい田舎道になってきた。しばらくは、歩くのみかな。

まだ、半分も行ってない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2024.2.7

北八尾街道(近鉄今里駅〜JR八尾駅)①・・・長瀬北小、金岡中学の同窓生に

思い入れのある街道ではある。幼少の頃、実家の近くを通るこの街道を「八尾街道」と呼んでいた。実際には、”北”八尾街道だったとは。 北八…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る