暗越奈良街道(枚岡〜南生駒駅)③

暗峠を越えると、後は奈良盆地に向かってひたすら下っていく。

暗峠の手前、大阪側では振り向いて景色を楽しむ余裕はなかったが、峠を越えれば目の前に景色は広がっている。

少し下ったところ、西畑の棚田風景は有名だ。

田植えも終わったところのようで、水をたたえた段々畑が心を和ませてくれる。

さて話は変わるが、時々???と思うような標識に出会う事がある。普通に見逃してしまいそうだが、この道は通学路なんだ。人家も少ないようだが、通学する児童がいるんだろう。

そう言えば今日はマップをあまり見ていない。
迷うこともなく歩けているのは、道がシンプルなのもあるが、行き先表示が良いポイントに設置されているとも言える。

あまり立ち寄るところもなく、ひたすら歩く。
コミュニティバスの停留所があった。このあたりを巡回しているようだが、一日に4本しかない。

かなり下ってきたところで集落に入った。

道の傍らには紫陽花の花が。
紫陽花には雨が似合うが、そんな季節ももうすぐ。
ウォーキングに出かけるかどうか、悩む日が多い梅雨の季節が近づいている。

ほぼ平坦な道になったところで、竜田川を越える。
竜田川は、大和川水系の支流で、この先南へくだり、大和川に合流する。
これは上流側を見ている。左手に見えるのが生駒山で、頂上にはテレビ塔が小さく見えている。

今回のゴール、南生駒駅から帰宅することに。

歩いて峠を越えてきたので、ほぼ東西に一直線に移動したことになる。帰りは電車なので、近鉄生駒線を一旦北へ向かい生駒駅に出て奈良線に乗り換え、トンネルをくぐって出たところから、また南に向かってという生駒山を迂回するルートになる。

暗越奈良街道も奈良県に入ったので、後は盆地を東へ、奈良町へ向かうのみとなった

PS:今回は記事の内容が薄かったかな?
以前歩いた、「てくてくまっぷ 河内から大和へ 竜田古道コース」でもお楽しみください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2024.4.29

太子道(筋違い道)(法隆寺〜近鉄黒田駅)①

かつて聖徳太子が斑鳩から明日香へ通ったという伝説が残る太子道(筋違い道)。久しぶりに奈良を歩いてみる。このところ平年より気温が高い日が多く…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る