【PR】

長尾街道(南海堺駅〜近鉄河内松原駅)・・・古くは大津道と呼ばれた①

早速、『ウィキペディア(Wikipedia)』を引用させていただく。

「古くは大津道(おおつみち)と呼ばれた。日本書紀の推古天皇二十一年(613年)の条に、後に上町台地に首都の難波宮が置かれる「難波より京(飛鳥)に至る大道(おおじ)を置く」と記されていた日本最古の「官道」である「竹内街道」の北1,908m(但し計画値)に平行して整備された。」

長尾街道は直線道路である。
起点は、大阪府堺市堺区。
戎公園(ザビエル公園)の南の交差点。

まずは南海電鉄、堺駅から起点に向かう。

堺市は、とても良い!
駅前に喫煙エリアが設けられていた♬

まずは、戎公園(ザビエル公園)。
何度か来ている。
最近では、紀州街道を歩いたときにここで昼食を取っていたようです。

紀州街道(住吉大社〜浜寺公園)④

で、起点と思われるのがこの交差点。
なるほど、東にまっすぐ伸びているね。

ではスタート。

ところで、西国街道は暫くお休みにします。
ちょっと遠いからねえ。
交通費もバカにならない。
特に近鉄がねえ〜。

ぼやき出すときりがないので、先へ進みましょう。

とにかく直線。

最初に立ち寄ったのは、菅原神社。
もとは天神社と言ったそうだが、明治になって菅原神社と改められた。

ここの楼門 -は、 鉄砲鍛冶の榎並屋勘左衛門(えなみやかんざえもん)の寄進により延宝5年(1677)に建立されたそうで、大阪府の指定文化財になっている。

境内には稲荷神社もある。
素敵な鳥居群。

先へ進もう。

早速、道標があった。

さらに進むと南海高野線に突き当たるが、道標が案内してくれる。
ここは地下道をくぐるらしい。

南海高野線を過ぎて暫く行くと右手に方違神社(ほうちがいじんじゃ)がある。

解説版によると、この辺りは摂津・河内・和泉の三国の境に位置しているため、三国丘と呼ばれていた。三国の境にあるため、方角のない聖地とされ、古来より方災除けの神さんとされたようだ。

そういえば、我が家にも御札がある。
以前にも訪れているようだが、記憶が定かではない。
家内によると、今の家の前にマンションに引っ越しした時にお参りしたそうだ。
となると今回が2回めになるが、記憶なんて不確かなものです。

ところで、例によって鳥居脇の石灯籠を拝見。
寛政とあるので、江戸時代。
徳川家斉の時代のもの。

本殿。

帰りに、ふと石碑が目に入った。

神功皇后御馬繋の松。
んな訳ないと思いつつも・・・。

神社を出て、2つ目の道標。

今日も、暑くなりそうだ。

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2023.6.8

古堤街道を歩く(JR京橋駅〜JR住道駅)①

これまでに大阪から奈良へは、暗越奈良街道、竹内街道、てくてくまっぷ 「恩智越・信貴山朝護孫子寺コース」、てくてくまっぷ 「河内から大和へ …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る